good for one's ~美容と健康の情報ブログ~

更新休止中。またそのうち再開するかもしれません。

ごごナマ 知っトク!らいふ「甘酒で美肌&健康ライフ!」

f:id:nakatico:20170403164840j:plain

 

番組名:
ごごナマ 知っトク!らいふ
「甘酒で美肌&健康ライフ!」

放送日:2017年4月3日

放送局:NHK総合

 

www4.nhk.or.jp

 

 

"甘酒"と"塩こうじ"の健康効果

 甘酒って、お正月とが桃の節句とかに出てくるおめでたい飲み物というイメージでしたが、「飲む点滴」とか「飲む化粧水」と呼ばれる"魔法の発酵食品"なんだそうです。

 そんな甘酒と、一緒に紹介された塩こうじの健康効果についてまとめてみました。

 

甘酒の健康効果

f:id:nakatico:20170403175216j:plain

 

 原料は、「米(おかゆ)」+「水」+「米こうじ」。これを発酵させてつくります。

 主な効果は、疲労回復夏バテ防止美肌効果、シミや黄ぐすみに効く美白効果がなどがあります。

 また、オリゴ糖食物繊維による腸内環境を整える効果も合わせ持っています。

 

 アルコール入りのものは、「米(おかゆ)」+「水」+「酒かす」からできています。

 甘みが薄いため、砂糖を足して飲むのが一般的。アルコール度数は1%未満と微量ですが、運転前や妊婦さんなどは飲料に注意が必要ですね。

 

 さらに、「酒かす」からつくった甘酒には、「米こうじ」からつくった甘酒にはない、「レジスタントプロテイン」と「スフィンゴ脂質」の成分を含んでいるのが特徴です。

 

レジスタントプロテイン

 消化されにくい食物繊維によく似た働きをするたんぱく質の一種。

 食物繊維に似た働きをもっているのが特徴で、小腸で余分な脂肪やコレステロールを吸収し、そのまま体外に排出されます。

 また腸内の善玉菌を増やす働きもあり、便秘、腸内環境の改善、肥満改善などに効果があります。

 

スフィンゴ脂質

 細胞同士の隙間を満たして外部からの刺激を防ぐとともに、肌の潤いを保つ効果があります。

 さらにシミをつくる原因である「チロシン」を抑制し、紫外線によるメラニンの生成を抑えてシミ、シワを防ぐ効果もあります。

 

塩こうじの健康効果

 原料は、「米こうじ」+「水」+「塩」。

 健康効果はほぼ米こうじの甘酒と同じですね。

 番組では、塩こうじの調味料としての有効性について紹介していました。

 

f:id:nakatico:20170403194620j:plain

 こうじ菌が生み出した酵素が、さまざまなものを分解。

「でんぷん」や「たんぱく質」は分解されると…

 

f:id:nakatico:20170403194650j:plain

 それぞれ「あまみ成分」と「うまみ成分」に変化します。

 

f:id:nakatico:20170403194705j:plain

 また、「脂肪」を分解して…

 

f:id:nakatico:20170403194718j:plain

 油っぽくないさっぱりした味わいにする効果があります。

 

 "食材本来の味を引き出す効果"といったところでしょうか?

 普通の調味料を使うよりも、塩分や糖分を抑えて健康的な味付けになると思います。(^_^)

 

"塩こうじ"と"甘酒"の上手なとり方

 番組HPでは、塩こうじの甘酒の上手なとり方について紹介しています。

 ここはヘンに味付けしてもしょうがないので、そのまま引用してます。(^_^)v

 

Q:甘酒はいつ飲むのがいい?

A:甘酒は朝飲むと基礎代謝がアップ

 朝の体は栄養が枯渇しています。甘酒はでんぷんが糖に、たんぱく質アミノ酸に分解されているため、ご飯よりも素早く体に吸収されてエネルギーになります。
 朝、豊富なエネルギーをとると基礎代謝が上がり、一日調子よく過ごせます。

Q:甘酒は飲みすぎに注意?

A:甘酒は高カロリーなので飲みすぎに注意

 甘酒は毎日飲むのがおすすめです。しかし、おちょこ1杯25kcalと高エネルギーなので、とり過ぎると肥満の原因になります。また吸収が早いということは、血糖値を急激に上げるということ。多くても1日コップ1杯程度にとどめましょう。

塩こうじは胃にやさしい

 塩こうじは発酵食品の一種で、消化酵素を含むため、胃に負担をかけたくないときにおすすめです。例えば、胃が疲れているときや夜遅い食事のときなどです。
 ただし、とりすぎは塩分過多になり、逆に胃にも負担がかかるので注意しましょう。

フルーツ甘酒
 栄養価が高く、素早く吸収される甘酒は、疲れたときの栄養補給にもってこい。フルーツのビタミンCが有害な活性酸素を消去します。

 

www.nhk.or.jp

 

"甘酒"と"塩こうじ"を使ったレシピ

 番組では、平野レミさんが"甘酒"と"塩こうじ"をつかったレシピ、「しっトリこうじ焼き」の作り方を紹介していました。

 

f:id:nakatico:20170403203720j:plain

 

 え~と…(^^ゞ

 真ん中で立ち上がっているのはキャベツですね。大根を土台にしてます。( ̄∇ ̄)

「コレ、どうするの?」って、そりゃあ…

 

 ちぎっては食べ、ちぎっては食べとするんだよ!
 (・д・)

 

 じゃあ、レシピは下のリンクから確認してください。(・∀・)

 下の方に動画もあるのでわかりやすいです。(^^)

www.nhk.or.jp

 

 他にも番組HPでは甘酒をつかったレシピを紹介しています。

www.nhk.or.jp

 

 キャベツは置いといても、こうじ焼きは美味しそうだから、家で一度やってみようかな? !o(⌒囗⌒)oΨ

 

番組を観た感想

 番組、母親と一緒に観てたんですけど、「塩こうじなんてスーパーに売ってないじゃん」とボヤいてました。

 これは塩こうじが人気があるからなのか、それとも人気がないからないのか、一体どっちなんでしょうね?(・ω・)

 

 甘酒、塩こうじの健康効果はとっても素晴しいですね。(^_^)

 昨日、「脂質異常症」の記事を書きましたが、酒かすを使った甘酒なんか、これの改善に最適なんじゃないかとすら感じました。

 でも、カロリーも糖質も高そうなんで、番組でも言われているとおり、ご飯の量を少し減らすとかの調整は必要そうです。

 車通勤でなければ、朝ご飯はアルコール入りの甘酒ですますとかが理想ですかね?

 

 健康効果は高いですが、取り過ぎは常に厳禁。

 

 そんな意識をもって付き合う必要のある食品のようです。(^_^)

 

脂質異常症に関する記事:

nakatico-bf.hatenablog.com

 

甘酒に関連する商品: