good for one's ~美容と健康の情報ブログ~

しばらくはテレビで放送された美容と健康情報のまとめ記事を中心に更新していきます。

主治医が見つかる診療所SP【糖と油を上手に摂って10歳若返る(秘)テク公開】 その4「二つの簡単な糖化対策」

f:id:nakatico:20170421065506j:plain

番組名:
 主治医が見つかる診療所SP
 糖と油を上手に摂って10歳若返る(秘)テク公開

放送日:2017年4月17日

放送局テレビ東京

 

www.tv-tokyo.co.jp

 

前回の記事:

nakatico-bf.hatenablog.com

 ここまでお三方の食生活を観てきましたが、やっぱり検査で悪い結果がでるのは、日頃の食習慣、生活習慣のどこかに問題があるからなんですね。

 それだけ現代社会には様々な誘惑が隠れているということなんでしょう。

 

 さて、やっとここまで来ました。お楽しみの【対策編】です。\(^_^)/

 同志社大学の八木教授は、糖化対策に対策には大きく2つあるとおっしゃっていました。

 この2つの対策をさっそくみてみましょう。(^_^)/

 

 

対策その1「食後の結構値を上げにくくする」

 食後は、もちろん血糖値が上昇します。

f:id:nakatico:20170421071617j:plain

 この時、糖化の原因物質である「AGE」が、最も作られやすい状態に、体がなってしまうわけですね。

 早食いをすると、通常より血糖値が急上昇し、その後急下降する「血糖値スパイク」という現象が起こるのですが、これは最も体が糖化しやすい状態になっているといっていいでしょう。

 逆にいえば、血糖値の上昇を緩やかにできれば、糖化もしにくいというわけですね。
 (^_^)

 

 血糖値上昇を緩やかにする食事の方法について、「糖尿病患者の食事療法が良いらしい」という記事を、前にも書きました。

 

nakatico-bf.hatenablog.com

  ですが今回、八木教授はさらにお手軽な方法を教えてくれました。

 それは…

f:id:nakatico:20170421072535j:plain

 ということで…

 

 みなさん、月見うどんを食べましょう!(・∀・)

 

 …え? ちょっと違う?(・ω・)

f:id:nakatico:20170421072916j:plain

f:id:nakatico:20170421072949j:plain

f:id:nakatico:20170421073014j:plain

 スミマセン、早合点しました。(^^ゞ 

 

 下のグラフは、具のないかけうどんを食べた時と、温泉タマゴをのせて食べた時との血糖値の上昇を比較したグラフです。

f:id:nakatico:20170421073212j:plain

 確かに緩やかになってますね。(。 ・ω・))

 

 これはもちろん、うどんと温泉タマゴの組み合わせだけではなくて、例えばご飯と牛肉を一緒に食べた場合でも、同じように血糖値の上昇を緩やかにできるそうです。

f:id:nakatico:20170421074148j:plain

 

 また、炭水化物と野菜を食べることによっても、同じように血糖値の上昇を緩やかにできるそうです。

f:id:nakatico:20170421074227j:plain

 

 ということで、簡単な糖化対策その1は…

f:id:nakatico:20170421074350j:plain

 ということですね。(^_^)

 

 糖化予防という点では、食べる順番を守った方が効果があると思いますが、そこまではちょっと難しいという方は、これだけでも是非ともやってみてほしいと思います。(^_^)

 しかしこうなると、炭水化物の「重ね食べ」はますます良くない食べ方ということになってしまいますね。(^_^;)

 また、間食やスイーツは、基本的にどれも糖分のカタマリなので、摂りすぎには注意ですね。

 

対策その2「糖化を抑える食品を食べる」

 糖化を抑える食品の事を、抗糖化食品といって、これを摂ることによって糖化を抑えることができます。

 抗糖化食品には以下のようなものがあります。

f:id:nakatico:20170421080517j:plain

f:id:nakatico:20170421080544j:plain

f:id:nakatico:20170421080604j:plain

 

 また、八木教授の研究によって、ヨーグルトの上澄み液にも高い抗糖化作用があることがわかったそうです。

f:id:nakatico:20170421080723j:plain

 上澄み液って、捨てたらダメなものだったんですね…(^_^;)

 

 また、水溶性食物繊維にも高い抗糖化作用があり、これらを糖の消化吸収を緩やかにする効果のある「お酢」といっしょに食べると、非常に良いそうです。

 オススメの組み合わせは、

  • オクラ+お酢
  • 納豆+お酢
  • もずく酢

 など。

 

 他にも、野菜や果物の皮には、抗糖化作用と抗酸化作用のあるポリフェノールが多く含まれており、さらに傷あとをキレイに治す抗菌作用もあるそうです。

 スムージーなどにするのももちろん良いですが、もっとお手軽なのは、例えばトマトよりプチトマトを食べる。大きな粒のブドウよりも小さな粒のブドウを食べるなど、より表面積の大きなものを食べるのも効果的とのこと。

 

 いや~、抗糖化にもお手軽なものがいろいろ出てきましたね。(^_^)

 この中の、どれが一番良いかというよりも、自分で苦なく続けられるものを選択して、実際に実行してもらうのが一番かなと思います。

 それでも、暴飲暴食、早食いはもちろんダメですけどね…(^_^;)

 

 さて、これでやっと3時間SPの半分、糖編が終わったので、次はアブラ編を書いていきたいと思います。(^_^)/

 

『抗糖化』に関連する商品:

健茶薬醍醐 抗糖化ブレンド ブレンド済み 50g

健茶薬醍醐 抗糖化ブレンド ブレンド済み 50g

 
糖化対策サプリメント 抗糖花【KOUTOUKA】(60球ボトル)

糖化対策サプリメント 抗糖花【KOUTOUKA】(60球ボトル)

 

 

次回の記事:

nakatico-bf.hatenablog.com