good for one's ~美容と健康の情報ブログ~

しばらくはテレビで放送された美容と健康情報のまとめ記事を中心に更新していきます。

ゴルフが上手くなるためのストレッチ法

f:id:nakatico:20170501210213j:plain

 

 今回の健康カプセル!ゲンキの時間は、趣向を変えてゴルフがうまくなる方法でした。

 ただ、nakaticoはゴルフやらないんで、言われてもよくわからないし、ピンとこないんですよね~。(^^ゞ

 なので当ブログも趣向を変えて、番組内で紹介されたストレッチ方法を紹介していきます。 

 番組で紹介されたゴルフの上達方法については、番組HPのバックログでご確認ください。(^_^)/

番組情報

番組名:
 健康カプセル!ゲンキの時間
 世界の青木が教える ゴルフのスコアアップ&マル秘健康法

放送日:2017年4月30日

放送局:TBS系列

 

hicbc.com

 

きれいなスイングができる肩胛骨ストレッチ

f:id:nakatico:20170501214226g:plain

肩甲骨 - Wikipedia

 ゴルフは肩胛骨を柔らかくすることで、力まず、自然に振り抜くことができるといわれているそうです。

 長くやっているプロゴルファー達はみんな肩胛骨が柔らかく、石川遼選手なんかは、手を腰につけて肘を前に出すとそのままお腹の前で肘がくっつくんだとか。

 普通はそこまでは無理だとは思いますが、日頃から肩胛骨をストレッチすることで、スコアを伸ばすことができると思います。

 

肩胛骨ストレッチの方法

f:id:nakatico:20170501212843j:plain

 用意するのはフェイスタオル一枚。

 

f:id:nakatico:20170501212850j:plain

f:id:nakatico:20170501212857j:plain

 息を止めずに、痛みを感じない程度で、肩胛骨を動かすことを意識してやることがポイントです。

 

f:id:nakatico:20170501212904j:plain

 

 これはストレッチ関係なしにたまにやりますけど、気持ちいいですよね。(^_^)

 

左右の腕が伸ばす広背筋ストレッチ

f:id:nakatico:20170501214102p:plain

広背筋 - Wikipedia

 

 広背筋とは、骨盤の後ろから肩までの広い筋肉で、ここを柔らかくすることで、ゴルフだとテイクバックの時に左腕が伸びるか、フォロースルーの時に右腕が伸びるかどうかに作用するそうです。

 言っている意味は全くわかりませんが、とにかくそういうことらしいです。(・∀・)

 また、ストレッチをすることで、ゴルフ以外にも腕を上げる動作をした時の肩や腰への負担が減るそうです。

 ちなみに、今回ストレッチの方法を教えてくれたのは、首都大学東京の教授で、ゴルフ フィジオ セラピスト オフィシャル インストラクターの資格もお持ちの竹井仁先生でした。

 

広背筋ストレッチの方法(バレリーナ風筋膜リリース)

f:id:nakatico:20170501220130j:plain

 左膝はちょっと前に出しておくようにするのがポイントです。 

 

f:id:nakatico:20170501220141j:plain

f:id:nakatico:20170501220157j:plain

 左手の甲は、ちょうどお尻の当たる位置に置いて下さい。

 

f:id:nakatico:20170501220207j:plain

 

f:id:nakatico:20170501220218j:plain

 左膝が一緒に回ってしまったら意味がないので、体だけを左にひねるようにします。

 

f:id:nakatico:20170501220226j:plain

 このストレッチのポイントは、右手を上げるときにひじが開かないようにする事だそうです。

 

 1日3回を目安にすると良いそうです。

 

腰痛予防のための股関節ストレッチ

 男性は股関節のひねりの動きの硬い人が多く、ゴルフのスイングでも、股関節の代わりに腰をひねることで動きをつくる方が多いそうです。

 ただ、無理に腰つかうと腰痛の原因にもなるので、股関節でひねりの動きをして、腰痛を予防しましょうというものですね。

 

股関節ストレッチ(股関節ターン)

f:id:nakatico:20170501223511j:plain

f:id:nakatico:20170501223521j:plain

 股関節の上で、骨盤と肩が1枚の板のようにイメージして、この板が、左の股関節の上で全体がまとめて回るようにするのが、このストレッチのポイントです。

 

 左右それぞれ10回を1日3セットを目安に行ってください。

 

感想

 ゴルフに限らず、スポーツ全般に言えることですが、腕だけとか、足だけとか、体の一部分だけを使うのではなく、体全体をしなやかに使った方が、パフォーマンスも良くなりますし、怪我の予防にも良いですね。

 趣味だアマチュアだといわず,運動の前には、是非とも有効なストレッチを取り入れるようにしてほしいと思います。(^_^)

 

『ゴルフ』『ストレッチ』に関連する商品:

飛んで曲がらないカラダをつくる ゴルフストレッチ SHINSEI Health and Sports

飛んで曲がらないカラダをつくる ゴルフストレッチ SHINSEI Health and Sports

 
Dr.箕山のゴルフボディのつくり方

Dr.箕山のゴルフボディのつくり方